• EN
  • CONTACT
    SERVICE M&A CONSULTING

    成長戦略実現の手段としてのM&A

    日本では、リーマンショックや東日本大震災等の落ち込みを除けば、2000年代のM&Aの件数はそれ以前と比べて大きく増えている。また、スタートアップとの資本業務提携などによりイノベーションを図る企業も増えている。M&Aが成長戦略実現の一つの手段として定着してきたことを示している。しかし、M&Aによって持続的に時価総額や業績を上げる会社はそれほど多いわけではない。我々は、成長戦略策定、プレ・マージャー、PMIと一貫してクライアントをご支援し、成果を実現します。

    Rise Consulting GroupのM&Aコンサルティング

    Rise Consulting Groupでは、M&Aの成功の鍵を「成長戦略との整合性」、「適切なターゲット設定」、「割高なバリエーションを避ける」、「戦略・IT・文化の統合」と考えています。
    だからこそ、企業・事業売却の「出物」ありきのアドバイザリーではなく、成長戦略やその根源となるクライアントの理念や価値観を重視したご支援をします。具体的には:

    • 市場の魅力度と競争優位性にこだわった成長戦略の策定
    • 該当市場で競争優位性を確立するための強み・資産を持ったターゲットの選定
      (出物をあたるだけではなく、スタートアップ含め該当領域を幅広くフラットに足を使ってリサーチ)
    • 代替候補を持ち、交渉不可の領域を特定した上での妥当な買収価格の決定
    • ハンズオンスタイルでの成果を具現化するためのPMI

    我々のこれまでの新規事業の構想・実行や、海外進出支援による成果実現の豊富な知見を活用し、in-in/in-out/out-inの全てのM&Aやスタートアップとの協業領域でもクライアント企業の「次なる未来の創造」をお約束します。

    M&A image

    PROJECT

    CASE 09