• EN
  • CON TACT
    PROJECTS CASE 04

    東南アジアにおけるデータ分析結果に基づく、デジタルマーケティング施策の策定を支援

    プロジェクトの背景・目的

    クライアントは、顧客データを活用したマーケティングPDCAを継続的に実施することにより、カスタマーエクスペリエンス(CX)の向上を目指していた。

    今後、グローバルで様々な国・地域でマーケティングを実践していくにあたり、データ分析・蓄積のノウハウを集約し、標準化・仕組み化が必要であった。

    上記を背景に、ビジネス部門の所有データに基づく顧客を理解し、カスタマージャーニーの可視化、CX向上の施策計画策定を本プロジェクトの目的とした。

    プロジェクトの活動概要

    overview of project activities overview of project activities

    プロジェクトの成果

    顧客属性と顧客購買行動をデータ分析し、顧客像(ペルソナ)やカスタマージャーニーを可視化

    上記を可視化する迄の顧客分析/施策立案のプロセスの確立

    顧客像/顧客体験(カスタマージャーニー)を可視化することで、業務課題(KPI)を抽出し、今後の実行計画を策定

    データに基づく、顧客クラスタ分析、ペルソナ定義、カスタマージャーニー可視化を手順化し、デジタルマーケティング施策実行プロセス/計画策定を支援

    SERVICE

    DIGITAL