• EN
  • CONTACT
    PROJECTS CASE 12

    多様化・複雑化するシステム要求や
    人手不足への対策を見越した
    次期システムインフラ戦略策定支援

    プロジェクトの背景・目的

    「2025年の崖」問題への対応やクラウド・デジタル技術・外部ITサービス活用の必要性増加など、既存システムインフラでは対応が難しい事案が増えていた。

    一方でIT関連コスト削減も要請されている状況である一方で、将来的な人員不足も予想される状況であった。

    これらに対応するために、中長期的目線での「システムインフラの方向性を明らかにすること」や「要員の需要予測と育成」を目的とし、本プロジェクトが発足した。

    プロジェクトの活動概要

    overview of project activities overview of project activities

    プロジェクトの成果

    内部分析及び有識者インタビューを通した外部分析を取りまとめ、他社動向・技術トレンドを踏まえた視点から 先々を見据えた戦略を検討

    クラウド活用、オープン化、業務端末、セキュリティ、ネットワーク、組織・体制など多岐にわたるテーマそれ ぞれにおけるコスト試算やロードマップを策定

    ミーティングでの論点や課題整理、ドキュメンテーションなどを通して、クライアント社内での活動報告をサポ ート

    クライアント社内状況や他社取り組み及び技術動向を踏まえ、中長期的目線に立ったシステムインフラ戦略の策定に寄与

    SERVICE

    IT